酵素青汁111で便秘?粒タイプでダイエット効果は本当にあるの?

酵素青汁111は、青汁の中では珍しい粒タイプになっています。確かにダイエットで食事量が減らした時の空腹感を抑えるために青汁を利用するなら、水に溶かして使用する粉末タイプが向いています。しかしカロリー制限で摂取できなかった栄養を補いたい時や、健康や美容に悪影響を与えないようにしてダイエットを続けていきたい時には、酵素青汁111は最適です。
酵素青汁111の粒はとても小さいのですが、この粒の中には粉末タイプの青汁を上回る成分がギュッと凝縮されています。一般的な粉末タイプの青汁と比較してみると、ビタミンCは約52杯分、ビタミンB1は約63杯分、亜鉛は約66杯分もの成分が摂取できます。これだけの量の青汁を飲むのはとても大変ですが、酵素青汁111なら1日2粒で効率よくダイエットに役立てられます。
酵素青汁111は、便秘解消にも効果的です。野菜や果物をそのまま使用して抽出された植物発酵エキス末は、代謝を向上して腸の働きを整える効果が期待できるので、体にたまった便や有毒物質の排出をサポートしてくれます。便秘は水分不足が関係しているため、酵素青汁111と一緒にたくさん水を飲むようにすると、便秘解消効果が高まります。
どこでも好きな時に飲める手軽な粒タイプは飲み忘れが少なくなるため、ダイエットやデトックスに欠かせない成分がしっかり摂取できます。液体の青汁と違って味や香りが気にならないので、青臭さが苦手でも続けやすい青汁になっています。
酵素青汁111の効果と口コミを公開!はこちら

脱毛×体毛・毛管の仕組み

脱毛器でムダ毛を処理する前に、毛管の話を少ししましょう。
毛管とは肌の表面に見えている体毛のことです。
反対に肌の表面から隠れている体毛は毛根と言います。
この毛管、人によって濃い薄いがありますがどのような違いになるのでしょうか。

まず毛管という髪の毛一本でも、よくCMなどで目にする機会があるかもしれませんが断面にしてみると3層からできていることはご存知かもしれません。
内側にあるものが毛髄質、それを取り囲むようになっているのが毛皮質、さらに一番外側となっているのが毛小皮です。
この毛小皮はいわゆるキューティクル。
薄い細胞膜となっておりその材質は半透明のケラチンになります。
イラストなどで見たことがあるかもしれませんが、このキューティクルはうろこ状となっており体毛の根元から毛を守るために構成されています。

もう少しこの毛小皮をみてみましょう。
本来は非常に強さを出すための力を持っています。
その力の強さは髪の毛一本で100gもの体重量があるというほど。
しかし現代は紫外線も強く、また髪の対する刺激も多いために毛小皮が剥がされていきます。
体毛が人によって濃く見える、薄く見えるというのはこの毛小皮も色も関係しています。
メラニン色素を多く含んでいるからです。

メラニン色素の量によって毛の色が変わり、また年齢を重ねることによってメラニン色素の生産細胞の機能が低下することによって色が作り出されなくなり白髪となるのです。