総量規制対象外のカードローン一覧、審査や選び方とは?

総量規制対象外のカードローンの一覧を明記することは簡単ですが、とても容易に判断できる方法があります。それは銀行カードローンを探すことになります。銀行そのものが総量規制対象外になっていますので、収入の3分の1以上のキャッシングをしている人は、そのようなところから選出をすると、キャッシングができる可能性が高まるでしょう。

いろんな貸金業者からお金を借りるとなるとそれだけで審査に不安を持つことになるはずです。総量規制の対象になっている消費者金融や信販会社のカードローンを利用すると、年収の3分の1以上借りている場合は、必ず審査に落とされてしまいます。申し込みの件数が多くなると、個人信用情報機関に掲載されてしまい、いわゆる申し込みブラックになることが懸念されます。なるたけ問題なく通りやすい貸金業者に申し込みをした方が懸命です。

よって収入の3分の1以上を超えることを確認しているのであれば、総量規制対象外のカードローンをあてにしてください。そうすることによって不必要な審査の落とされ方をせずに済むはずです。総量規制対象外のローンは銀行のカードローンがおすすめですが、厳しいと言われていることもあります。

しかし保証会社に消費者金融や信用会社がついている現在、利用しやすい環境を整えていますので、あまり気にしないようにしましょう。ただし収入の3分の1を超えるようなことになると、返済能力の有無に厳密になりやすいことから収入証明書が必要になるケースもあります。